医療レーザー脱毛を受けるときはカウンセリングが大事

バナー

医療レーザー脱毛を受けるときはカウンセリングが大事

医療レーザー脱毛とは、美容皮膚科などのクリニックで行っている脱毛方法の一つです。

レーザーを照射することで肌に直接影響を与えず、毛根を加熱破壊してムダ毛の成長や再生を抑止するというもので、サロン等で行われている光やIPL等よりも効果は大きいといわれています。

詳細はこちらのURLからご確認ください。

ただし、出力が強いため、事前に綿密なカウンセリングをして適切な出力を設定する必要がありますし、脱毛効果を高めようとすると、間接的に肌にも相当な熱が及ぶことを覚悟しなければなりませんので、施術前後には自己管理も大切になってきます。

痛みに関しては、特に痛みを感じやすい人には麻酔を行う場合もありますし、やけどの危険性については適宜患部を冷やしながら施術をするなど、様々な工夫がなされています。

それでも施術後しばらく経っても赤みや痛みなどが引かない場合には、できるだけ速やかに施術を受けたクリニックで相談したほうが良いでしょう。



別途塗り薬などを処方されることもあります。

レーザーによる施術は時間が比較的短く、部位にも寄りますが大体30分程度で終了しますので、施術自体は比較的簡単に受けることができますが、その後しばらくは日焼けや激しいスポーツ、高温での入浴やサウナ、多量のアルコールなど、肌を温めるようなものは避けたほうが良いでしょう。



また、施術前にも日焼けをしているかどうかなどのチェックがあり、場合によっては施術の日を先延ばしにされることもあります。



Copyright (C) 2014 医療レーザー脱毛を受けるときはカウンセリングが大事 All Rights Reserved.